株式会社サンアップ-環境と資源の総合事業会社

株式会社サンアップ-環境と資源の総合事業会社

ドラム缶事業

お客様へ利益還元できるドラム事業を行っております。
各種ドラム缶の取扱いのほか、使用済みのドラム缶を回収し、再生利用と再資源化により、限りある資源を活かすリサイクル事業を展開しております。

biz

販売

現在当社で取り扱っているドラムは下記の3種類になります。
A)新ドラム缶
原材料不足により高価・供給不安定等のデメリットがあるが、傷や汚れがなく綺麗な製品。
B)再生ドラム缶  ▶︎詳しくはこちら
品質にバラつきがあるが、安価で環境に配慮したリサイクル製品。
C)産廃用ドラム缶
産業廃棄物を入れる目的で使用するための、再生工程を経ない製品。

材質別 鋼鉄製
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
プラスチック製
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ステンレス製
SUSドラム
サイズ 主に200L
型別 クローズドラム(液体用)

クローズドラムクローズドラム2

オープンドラム
(固体・粉体用)
オープンドラムオープンドラム2
ケミドラム
(酸性用・錆を嫌うもの)
ケミドラムケミドラム2
用途別 ・商品充填用
・産廃用

※廃棄物処理法により、 許可された処分場以外での焼却(野焼き)は禁止されています! 家庭や事業所にてゴミ等を焼却することは法律違反です。 ゴミ焼却目的のドラム缶は販売できません。
また、個人のお客様へは販売できません。

回収

関東近辺の工場・事業所様から、たまった空ドラム缶を回収に伺います(定期的に回収の便を組むことも可能です)。また、ドラム缶の種類や状態によって有価物として買取、再資源化することも可能です。ぜひご相談ください。

再生

回収されたドラム缶は再生業者により選別され、再生が可能と判断されたドラムは再生処理へまわされます。営業担当者が現物確認にお伺いいたします。お気軽にお問い合わせください。

再生可能なドラム缶
基準 基本的にJIS Z-1601.1600に準じた呼び容量200Lの鋼製ドラム
外観 歪み・打痕・緩み又は溶接修理が無いこと
製造3年以内のもの
付属部品が装着されていること 等
内部 異物がなく、適法な残渣処理が可能であること
毒劇物・悪臭が除去されていること 等

▶︎詳しい再生工程はこちら

ドラム事業_再生工程

再資源化

回収されたドラム缶のうち、再生不可能と判断されたドラムはスクラップ処理へまわされます。 その後、スクラップされた鉄くずは、有益な金属資源としてリサイクルされます。

再資源化されるドラム缶
判断基準 ・基準外ドラム缶(容量・形状・輸入ドラム缶 等)
・極薄板ドラム 缶・内面塗装が剥離したドラム缶
・再生処理時に残渣物が環境的問題を誘発するドラム缶
・再生基準に適さないドラム缶
(歪み・凹み・傷・穴・錆・漏れ 等)